メニューを開く 閉じる
家庭教師の心得

家庭教師に一番求められる事は、意外にも大学名や経験ではありません。ズバリ、その人の人柄です。

例えば、みなさんも人間的に魅力のある先生だと、嫌いな教科も好きになったり、宿題もちゃんとやってた…なんていうことありませんでしたか? お子さんも同じです。中学生という多感な時期に“誰がどのように教えるか”ということは、一生を左右するくらい大切なことなのです。

家庭教師はそれ程、重大な役割を持った、やりがいのある仕事です。

ふぁいとで家庭教師をやってみたいと思う方は、STEP1とSTEP2を読んでいただいた上で同意できる方のみ、ご登録ください。

※ご登録いただいても、ふぁいとで「ふさわしくない」と判断させていただいた場合は、申し訳ありませんが生徒さんをご紹介することはできませんので、ご了承ください。

STEP1 「これだけはハズせない!5つの心がまえ」

  1. 生徒さんにはもちろんのこと、保護者の方にも自分の経験(勉強で大変な思いをした事・成績が上がったキッカケなど)を話して、人間的な魅力を感じてもらえるようにしましょう!
  2. 立場は先生。でも堅苦しかったら生徒さんもつまらない授業になってしまいます。なんでも話せる良きお兄さん・お姉さん的存在を目指しましょう!
  3. 時間は絶対守りましょう!たった1回約束を破ってしまうだけで信用はなくなってしまいます。
  4. ふぁいとの一員として自信と責任を持って卒業まで指導を続けましょう。
  5. やる気を保つのは難しいことです。やる気がなくなっても、生徒さんのせいにせず、ふぁいとに相談するなどして、常に楽しくできるような工夫を考えましょう!

STEP2 「指導にあたっての約束」

  • 生徒さんが自信をなくしてしまうような言動はしないようにしましょう! ex)「バカ」「頭悪いな」とか「小学生でもわかるよ」「何でこんなのも分からないの?」 「俺はもっとできた…」etc
  • 理解しているかどうか分からないのに、押しつけるように「分かったでしょ?」「分かるよね?」的な発言は禁句です。
  • ただ機械的に指導をして宿題を出しても絶対に習慣は付きません。たまには休憩をはさんだり勉強以外の話をしたりして、授業にメリハリを付けながら、お互いの信頼関係を築いていきましょう。 それが成績アップへの近道です。
  • 生徒さんのレベルに合わせてムリなく、かといってラクすぎないように宿題の量を調整して、できるだけ具体的な予定表を作ってあげましょう! (具体的であればあるほど、必ず成果につながっていきます。)
  • テストの点数や通知表の成績などを踏まえ、お母さんと相談して、常に目標を持たせてあげましょう! ただし、極端な目標はNG。本人の勉強の段階・性格を知った上で目標を作ることが大切です。