メニューを開く 閉じる

不登校のお子さんのための家庭教師。勉強の遅れ・不登校の不安を解消する他社にはない独自の7つのサポート不登校のお子さんのための家庭教師。勉強の遅れ・不登校の不安を解消する他社にはない独自の7つのサポート

不登校のことで、このようなお悩みはありませんか?

  • 授業についていけなくて、不登校になってしまった
  • 不登校の期間が長かったせいで、授業がさっぱりわからないみたい…
  • このままじゃ、高校に行けないんじゃないかと不安…
  • 学校に行かないので、昼夜逆転生活になってしまった…
  • 家にこもりっきりで、勉強もしない…このままで大丈夫なの?

このようなお母さんのお悩みが、ふぁいと独自のサポートによって、

  • 勉強の遅れを取り戻すことができて、不安なく登校できるようになった!
  • 自分にまったく自信がもてなかったけど、「やればできる!」と笑顔に!
  • 「どうせムリ…」と思っていた第一志望校にみごと合格!
  • 昼夜逆転してたけど、生活リズムを元に戻せた!
  • 家庭教師になんでも話せるようになって、見違えるほど明るくなった!

と解決し、お子さんは見違えるようにやる気を出し、目標を持って自分から勉強するようになっています。

305人の不登校のお子さんが、笑顔で充実した毎日を送れるようになった
ふぁいと独自の7つのサポート

やる気がまったくない子でも、
「勉強って楽しい!」と笑顔で言える自信がつく ふぁいと独自の指導法

どんなに勉強ができない子でも、
ムリなく最短距離で遅れを取り戻せる指導法

夢の現実を応援する、ふぁいとの通信制サポート校

サポート ⑥
ふぁいと式高等学園

勉強のこと以外でも、不登校の不安はすべてお任せ下さい

不登校のお悩みは、勉強の遅れをサポートするだけでは解決に向かいません。
何よりも、お子さんの笑顔と充実した毎日を取り戻すこと、これが一番重要となります。

だから不登校サポートには、お子さんを支えていくという温かい気持ちと、お子さんの気持ちに寄り添った指導が必要となります。

ふぁいとでは、まず無気力になっているお子さんのやる気を引き出していきます。そして勉強をしながら、失ってしまった自信を少しずつ取り戻していく指導を行います。
このように段階を踏んでいくことで、お子さんは初めて笑顔で充実した毎日を送れるようになるのです。

小さなことから一つひとつ積み重ねていくふぁいとのサポートは、お子さんの笑顔を取り戻すことのできる、たったひとつの方法です。

お母さんも、今までに見たことがないような、やる気と自信に満ちたお子さんの笑顔や、目標をもって勉強するお子さんの姿を見たくはありませんか?

もし不登校のお子さんのことで、少しでも不安なことがあれば、お母さん1人で悩まずに、まずは私たち家庭教師のふぁいとにご相談ください。

ふぁいとが不登校のお子さんに力を入れているのは、
不登校のこんな現状があります

文部科学省が2018年に調査した不登校の中学生の数は、10万8999人でした。
ですが、「日本財団」が行った調査によると、不登校以外にも、不登校傾向にある中学生は約33万人います。

つまり全国の中学生のうち、約30人に1人は不登校、約10人に1人は不登校予備軍ということになります。

そんな不登校の現状を考えると、行政や学校だけでは、とても不登校のお子さんに対しての支援は行き届きません。

お子さんはどうして不登校になってしまったのでしょうか?

「日本財団」の調査によれば、中学生が学校に行きたくない理由として多いのは、「授業がよくわからない」「授業についていけない」ことです。

授業についていけないことは、中学生にとって大きな心理的負担となります。

中学校生活の中には、いろいろなストレスがあります。
いじめ問題や先生との関係性、部活の忙しさ…。
そんな中で、「もうこれ以上、苦しい思いはしたくない」と学校生活そのものを切り捨ててしまう不登校は、お子さんの精一杯の自衛手段なのだと思います。

学校に行きたくない理由はひとつだけではないでしょう。
せめて勉強の負担だけでも一刻も早く取り除いてあげれば、お子さんの気持ちはずいぶんラクになっていくのではないでしょうか?

お母さんも不登校のことで、胸が痛くなるほど心配されていると思います。
勉強のことは、私たちふぁいとに安心してお任せください。
「勉強って楽しい!」「わかるっておもしろい!」と、お子さんのやる気と自信を引き出し、お子さんが笑顔で充実した毎日を送れるようにサポートします!!

やる気がまったくない子でも、「勉強って楽しい!」と笑顔で言える自信がつく
ふぁいと独自の指導法

不登校のお子さんは、心を傷つけられ、自信を失ってしまっているケースが多くあります。
そんなお子さんに必要なことは、笑顔と自信を取り戻してあげること。
なぜなら自分のことを肯定できないと、勉強やこれからの復学に対してやる気を持つことはできないからです。

だからふぁいとでは、本格的に勉強に本腰を入れる前段階として、まずは一番重要な、お子さんの笑顔と自信、やる気を取り戻すサポートから始めます。

サポート ①児童心理学に基づいた《勇気づける》言葉がけ

不登校のお子さんは「どうせやってもムダ…」と、自分のことを否定しがちになっている場合があります。そんなお子さんに必要なことは、自分を認められるような十分な励ましを受けることです。

ふぁいとでは、家庭教師がお子さんの良いところを見逃さず、「ここまでは1人でできたね!」「読みやすい字だね!」など、どんな小さなことでも、どんどん褒めていきます。
こうすることで、初めは照れくさそうにしている子も少しずつ「自分だってやればできんだ」と自分を肯定できるようになります。

ふぁいとには、児童心理学に基づいた勇気づける言葉がけ指導の工夫があります。
専門家からのアドバイスのもとにサポート方法を研究し、積み上げてきたふぁいとだからこそ、お子さんの気持ちに寄り添うことができるのです。

サポート ②「できた!」の成功体験をたくさん積んでいく指導

失ってしまった自信を取り戻すには、言葉だけは足りません。
お子さん自身が「自分にもできるんだ!」と実感することができてこそ、本当の自信を取り戻すことができます。

ふぁいとでは、まず戻り学習で、自分のわかるところまで戻って学習しますが、その時に「わかった!」「できた!」の成功体験をどんどん積んでいくことを重要視しています。この段階では、成功体験を積み上げていくことこそが、とても大切なのです。
戻り学習の役割は、勉強の基礎を学習していくことはもちろんですが、それだけではありません。
この「できた!」を連続して体験することで、お子さんは失っていた自信を少しずつ取り戻していきます。そして徐々に「自分にもやれる!」というこの先に進んでいく勇気を持つことができるのです。

サポート ③家庭教師がお子さんの良き相談相手となるメンタルケア

不登校の子に限らず、思春期のお子さんは、少なからず大人に不信感を抱いています。ふぁいとの家庭教師なら、お子さんと歳の近い大学生。だからお子さんの身近なお兄さん、お姉さんのような存在となることができます。

家庭教師は、自分の失敗談や体験談を交えながらお子さんと話すよう、研修を受けています。家庭教師が自分のネガティブ体験を話すことで「何度も間違ったら恥ずかしいな…」と感じているお子さんも、「なぁんだ、先生もそうだったんだ!」と安心することができます。

お子さんが伸び伸びと学習できる環境を作ることも大切ですが、もっと重要なことは、お子さんに家庭教師は何でも話せる仲間のような存在だと認めてもらうこと。
家庭教師が身近な存在になってこそ、勉強に対しても違和感がなくなり、学習の時間は、お子さんだけの新たな居場所となっていくのです。

ふぁいとでは、お子さんの将来の選択肢が広がる
サポートに力を入れています!

私たちふぁいとでは、不登校の問題に第三者の立場から支援することのできる、不登校訪問専門員の資格を積極的に取得しています。

なぜなら、不登校のお悩みを解決に導くには、まず専門的な見方や知識を持つことが必要だからです。

さらに、資格をもった専門スタッフから、ふぁいとのスタッフ全員が、お子さんやご家庭への対応について指導を受けています。

もちろん、その知識は家庭教師の研修にも充分、活かされています。

ふぁいとの家庭教師、スタッフすべては専門的な知識を持ちながら、大切なお子さんの教育に関わる人間であるという自覚をもって臨んでいます。

どんなに勉強ができない子でも、ムリなく最短距離で遅れを取り戻せる指導法

せっかく気持ちが前向きになったとしても、勉強の遅れが心理的負担になり、学校に行けないお子さんはとても多くいます。
この負担を取り除いてあげることは、復学やこの先の進路を考えていく為にかかせない重要なサポートです。

ですが、ただ遅れを取り戻す為に勉強を詰め込んでいくだけでは、お子さんはまた自信を失ってしまいます。

「勉強って楽しい」「わかるっておもしろい」を、お子さんが実感できることこそ、勉強を教えていく上で最も大切なことです。

その為には、お子さんに負担を感じさせることなく勉強を進めていかなければなりません。
お子さんに合わせてじっくり、楽しみながら勉強を進めることができる、これこそふぁいとの一番の強みです。

こうして勉強を進めていくと、お子さんの「勉強なんか大っ嫌い」という苦手意識はいつのまにか消え、勉強の遅れにも自分から立ち向かっていける自立心を育むことができます。

サポート ④どんな子でもカンタンにできる戻り学習で、最も短期間で遅れを取り戻す

戻り学習で大切なことは「できた!」「わかった!」をお子さんが、しっかり実感できること。自分でしっかり納得してこそ、勉強が本当に《わかる》ことになるからです。

勉強が嫌いになってしまうのは、わからないから。ですから、どんなに勉強が嫌いな子でも、わかるところまで戻って学習を進めていくと、「わからないことがわかる、おもしろさ」で、勉強を苦痛に感じることがなくなります。
イヤイヤ勉強を進めるのではなく、「やってみたい」「問題を解くっておもしろい」という気持ちがあるからこそ、勉強がはかどります。

戻り学習で一つずつ確実に知識を定着させていくと、理解力は飛躍的に高まります。その結果、遅れは短期間で取り戻せるようになるのです。

代表 石川の「もっとトクする」ふぁいと活用法
お子さんの理想の先生像を教えてください!

不登校のお子さんは、「こんな先生だったらいいな」という理想像をもっていることが多いです。理想の先生に教えてもらうことで距離がグッと近くなり、お子さんの目標にもなりやすいので、早めに勉強に対しても気持ちが入りやすくなります。

ふぁいとでは、できる限りお子さんの希望に合う先生を選抜してご紹介しますので、是非お子さんの理想の先生像を教えてくださいね。

サポート ⑤復学や目標に向けて学習スケジュールの作成と管理

復学や目標に向けて進んでいく為には、学習スケジュールを立てることが欠かせません。ですが、お子さん1人で「今日、何をどれくらいやるのか」「いつまでに何をしたらいいのか」などのスケジュールを立てるのは、大変難しいことです。

ふぁいとではスケジュールの作成から、「スケジュール通りに勉強は進んでいるか?」という管理まで家庭教師がしっかりサポート。だから、目標に向かって確実に前進することができます。

ふぁいとでは「予習復習計画帳」を使い、家庭教師がお子さんと相談しながら、これからのスケジュールを作成します。お子さんと相談するからこそ、お子さんは自分のペースで学習を進め、勉強に納得できるようになります。誰かに言われたから勉強するのでなく、自分の為に、自分で計画する。こうすることで、お子さんは今後、1人で勉強を進めていくやり方を身につけることができます。

サポート ⑥ふぁいと式高等学園

夢の実現を応援する、ふぁいとの通信制サポート校

学校に行っていないお子さんでも高校の卒業資格が取れる『ふぁいと式高等学園』は家庭教師のふぁいとから生まれた【通信制のサポート高校】です!

くわしくは『ふぁいと式高等学園』のホームページをご覧ください。

サポート ⑦「家庭教師」という枠にとらわれない取り組み

勉強のこと以外でも、不登校のお悩みはすべてお任せ下さい

「せっかく仲良くなったふぁいとの人たちに、勉強以外のことでも力になって欲しい」ふぁいとでは、そんなご家庭からのご要望にお応えできるようにしています。

  • スタッフによる家庭訪問(ご要望がある場合となります)
  • 課外授業としてお子さんと一緒に外出も可能
  • 高校やフリースクールなどの情報提供
  • 家にいながら学力の習熟度がわかる、模試テストのご案内
  • LINEでいつでも、お子さんのお悩みを解決

ふぁいとを選んでくださったご家庭の声

「不登校でも大丈夫!」そう思えたから、親子関係も生活も、すごく明るくなった!

不登校になってやっぱり困ったのは、勉強の遅れと、昼夜の生活が逆転しちゃったこと。でも勉強は教えられないし、寝る時間をうるさく言うとケンカになるし、もうどうしていいかわからなくて、家庭教師を頼むことにしたんです。
でも初めはすごくイヤそうで「家庭教師なんか絶対イヤだ!」って態度でした。びっくりしたのは、初めて家庭教師の先生がいらした日で、先生が帰ったあとは、もうニコニコして機嫌がよくて。授業でこんなこと教わったよとか、その日を境に、よくしゃべってくれるようになって。
それに「明日は先生来るから、ちゃんと寝よう」って、早めにお風呂に入ったり。それで親の私自身も、うちの子、もう大丈夫だって思うことができたんです。私も気持ちに余裕ができたので、ストレスもなくなって。
不登校になり始めの頃は、毎日私も、あの子自身もツラかったと思うので、家庭教師を頼んで、ホントによかったなって思います。
(水戸市 さとし君のお母さん)

こんな先生と出会えて良かった!声をほんの一部紹介

不登校サポートはふぁいとに安心してお任せください!

ふぁいとは、お子さんのやる気を引き出し、笑顔で充実した毎日を送れるように全力でサポートします。
お子さんの勉強のことでお悩みのお母さんの不安は、ふぁいとが解決します。
ご相談だけでもかまいません。一人で悩まず、どうか私たちにお電話ください。

ページのトップへ