発達障害別の教え方

今の学習環境は、本当にお子さんに合っていますか?

アスペルガー症候群は、約4,000人に1人の割合で発症すると言われていて、対人関係がうまく築きにくいなど自閉症の特性を持ちながらも、言葉の発達に遅れが目立たないのが特徴です。知的な遅れもないことから、周囲には障害と認知されづらく、誤解をされて辛い思いをしている人は少なくありません。

具体的には

  • 思ったとおりのことを発言してしまう
  • 興味や関心が偏っている
  • 相手の考えていることが読み取りにくい
  • 新しい場所や急な変更が苦手
  • 一方的に話し続ける
  • こだわりが強い
  • 言葉を文字通りに受け取る。(比喩や冗談がわからない)

といった言動が見られます。

このような特性を理解した学習環境があるかでお子さんの能力の伸び方がまったく変わってきます。

「学校でのサポートが不十分」
「学校の授業からどんどん遅れていく」
「なんとかしてあげたいけど、どうしていいかわからない」

とお悩みであれば、ぜひ家庭教師のふぁいとにお任せください。私たちが、お子さんの得意を引き出し、成績をぐーんと伸ばしてみせます!

アスペルガー(ASD)の子の成績をぐーんと伸ばすには

アスペルガーのお子さんは、大きく分けて「コミュニケーションの問題」「対人関係の問題」「限定された物事へのこだわり・興味」の3つの特性があります。基本的には、自分以外の人や物事にうまく共感できない・言い回しが不適切などのコミュニケーションにおける困難さが目立ちますが、一度興味を持った物事に対して、異常なほどのこだわりや集中力、記憶力を発揮するなど、その特性を活かしてあげることができれば、お子さんが本来持っている可能性を引き出すことができます。

口頭よりも能力の優れている「視覚」を使った学習法を繰り返す

アスペルガーの子は、「耳」からの情報よりも「目」からの情報のほうが取り入れやすい傾向にあります。黒板やテキストに書かれている文字や図をそのまま覚えていたりしますが、次々に記憶してしまうので興味が無いことに関しては忘れてしまうのも早いのが特徴です。そのため、ふぁいとでは、口頭だけで説明するよりも、具体的に絵を書いたり、画像や文字を使った指導をしています。苦手な教科に関してはすぐ忘れてしまう傾向にあるので定期的に繰り返し学習を行なっています。

興味や得意を伸ばし、特性を最大限に活かす

アスペルガーの子は、特定の「教科」ではなく特定の「分野」が抜群に伸びやすい傾向にあります。自分の興味があるものや得意なものに結びついた場合に圧倒的な力を発揮します。もともと記憶力や学習能力は高いので、興味や手段がわかると成果につながりやすくなります。興味・関心のあるものはどんどん発展させ、その他に関しても関連付けて指導するようにしています。

また、きっちりルールや順序に従って、コツコツ細かいことを積み上げていくことも得意です。自分で計画して進めることが苦手なお子さんが多いので、どういったルールになっていて、どんな順序があるのかをしっかり理解してもらえるような工夫をしています。

予定を変更するときは、前もって伝える

こだわりが強いため、規則や正確な数値を覚えると、それを絶対視する傾向があります。ですが、考えや発想の転換が苦手なため、とにかく予定の変更を嫌がります。そういった混乱を防ぐために、変更の内容を出来るだけ早めに伝え、後のスケジュールがどう変わるのかを説明しています。そうすることにより、全体の見通しがたち、パニックに陥ることが少なくなります。

こうしたアスペルガーの特性に合わせた指導の他にも、

といった働きかけを行なっています。

発達障害のお子さんは、勉強が嫌いになりがちです。
周囲の人から指摘を受けたり怒られたりすることが多いため、怒られ続けると「何をやってもだめ」「ダメな人間なんだ…」と自分に自信が持てなくなってしまいます。さらに中学生にもなれば、教科書に出てくる言葉や表現が難しくなるなど、学校の授業と理解に差ができてきます。授業についていけなくなったり、テストでどんどん点数が下がったりと、自信をさらに失ってしまうことに…。

そうなる前に、まずは、自分のペースで勉強できる環境が必要です。“得意”が増えてくれば勉強も好きになれます。勉強を楽しく感じることができれば、お子さんの自信を取り戻すことはカンタンです。

今なら、無料の体験授業で、発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばす「効果3倍の勉強法」を教えています。

実際にふぁいとの指導で、自信を取り戻したお子さんをご紹介

「学校の勉強が楽しい」と感じられるように

お子さんの1日の大半は、学校での授業に費やされます。中学生であれば、3年間に換算すると約2,000時間にも及びます。勉強が嫌い・苦手の状態のままだと、1日の大半が苦痛な時間になり、勉強が引き金となって、勉強以外の自信も失うことにつながります。

苦手なことを克服しようと頑張る人もいますが、どうやっても苦手なままで自信を失い続けると、意欲の低下、うつ病、ひきこもり、不登校など、2次的な障害につながることも…。

お子さんに必要なことは、得意なことを伸ばしてあげることです。それこそ、私たちふぁいとが最も得意としている勉強法なんです。お子さんの特性を理解し能力を伸ばせる環境として、ふぁいとの勉強法を実感してみませんか?

今なら無料の体験授業で、発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばす「効果3倍の勉強法」を教えています。お子さんの伸び悩んでいる原因を見つけ、得意を伸ばすピッタリな勉強法、必ず教えます!


体験授業お申し込み

■2つの方法  ( 電話・メールフォーム )  からお申し込みできます。

電話で

お仕事が忙しい方や、「まずは色々相談して決めたい!」そんな方はお電話が便利です!
お母さんが「今一番知りたいこと」にどこよりもわかりやすくお答えします!まずは一番にお電話ください。

今スグ

担当の富山(とみやま)倉橋(くらはし)まで「無料の体験授業を受けたい」
と伝えていただくだけ!
今なら!30分無料の電話相談が受けられます!

営業時間
▼ボタンを押すと電話できます
電話