発達障害別の教え方

今の学習環境は、本当にお子さんに合っていますか?

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、「不注意型」「衝動型」「多動型」の3つのタイプに分かれます。割合としては、女の人よりも男の人の方が3倍から5倍ほど多いと言われています。知的な能力は他の子と変わらないため、気づかれないことが多いですが、その分、何度も同じミスをすると、周囲からは「やる気がない」「さぼっている」と思われてしまうことも。こうしたことから、「自分はダメなんだ」と自信を失い、うつや不登校などの二次障害が発生する可能性が出てきてしまいます 。

具体的には

  • ケアレスミスが多い
  • 必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい
  • 計画通りに行動するのが難しい
  • 相手が話し終わるのが待てず、話し始めてしまう
  • 欲しい物があるとダダをこねる
  • 授業中でも落ち着いて座っていられない

といった言動が見られます。

このような特性を理解した学習環境があるかでお子さんの能力の伸び方がまったく変わってきます。

「学校でのサポートが不十分」
「学校の授業からどんどん遅れていく」
「なんとかしてあげたいけど、どうしていいかわからない」

とお悩みであれば、ぜひ家庭教師のふぁいとにお任せください。私たちが、お子さんの得意を引き出し、成績をぐーんと伸ばしてみせます!

ADHDの子の成績をぐーんと伸ばすには

ADHDのお子さんは、不注意(忘れやすい・集中力がない・話を聞いていない)、衝動性(順番を待てないなど)、多動性(じっとできない、座っていられない)、といった行動特性が見られますが、叱ったり非難したりするのではなく、根気強く待つことも必要になります。一つひとつの特性を理解して、できたことを褒めて自信を持たせる接し方を心がけています。

全体の流れをつかませ、指示は1つずつ

忘れやすい・集中力が続かないといった特性があるため、一度にたくさんの指示を出してしまうと混乱してしまいます。そこで、まずふぁいとで行っていることは、全体の流れをつかませ、指示を一つずつ出すことです。今から何をするのかを明確にするため、全体の流れを図に示してあげたり、指示がきちんとお子さんが理解できているか復唱させて確認します。お子さんが全体の流れがつかめたら、細かいステップに分けて一つひとつこなせるように指示を出していきます。

課題は細かく区切り、こまめに休憩を

集中力が維持できるように、単元やテーマを短く区切り、1つの課題が終わったら休憩を入れて次の課題に進めています。その他にも、気が散らないように机の上や目に入る場所を片付ける、プリントを半分に折って今取り組む部分だけにする、などを指導に取り入れています。どうしても落ち着かないというときには、勉強の前に軽い運動やストレッチなどをして体を動かす時間を設けてあげると、その後集中して勉強することができます。

お子さんが一人のときも…

ふぁいとでは、1日15分でできる『予習復習』のやり方を教えています。単元ごとの要点をまとめているので、短時間でもこの予習復習を繰り返すことで、徐々に学校の授業が定着してきます。また、予習復習計画表を使って、いつ何をしたらいいのか確認できるようにしています。

できた時はとことん褒めて、子どものやる気を高めます

ADHDのお子さんは、否定的な評価には反応しやすく、一方、褒められることには鈍感だといわれています。そのため、「頑張っているときはその場ですぐ褒める」「出来た事実を具体的に褒める」「繰り返し達成感と自信を与える」「自分の喜びをストレートに表現する」「他人と比較をした褒め方はしない」など、褒め方に関しても意識的に働きかけています。また、嫌な記憶は忘れにくいので「厳しく叱らない」「否定的な言葉は言わない」「叱っている理由を説明する」「感情的に叱らない」など、注意の仕方に関しても気を配っています。

こうしたADHDの特性に合わせた指導の他にも、

といった働きかけを行なっています。

発達障害のお子さんは、勉強が嫌いになりがちです。
周囲の人から指摘を受けたり怒られたりすることが多いため、怒られ続けると「何をやってもだめ」「ダメな人間なんだ…」と自分に自信が持てなくなってしまいます。さらに中学生にもなれば、教科書に出てくる言葉や表現が難しくなるなど、学校の授業と理解に差ができてきます。授業についていけなくなったり、テストでどんどん点数が下がったりと、自信をさらに失ってしまうことに…。

そうなる前に、まずは、自分のペースで勉強できる環境が必要です。“得意”が増えてくれば勉強も好きになれます。勉強を楽しく感じることができれば、お子さんの自信を取り戻すことはカンタンです。

今なら、無料の体験授業で、発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばす「効果3倍の勉強法」を教えています。

実際にふぁいとの指導で、自信を取り戻したお子さんをご紹介

「学校の勉強が楽しい」と感じられるように

お子さんの1日の大半は、学校での授業に費やされます。中学生であれば、3年間に換算すると約2,000時間にも及びます。勉強が嫌い・苦手の状態のままだと、1日の大半が苦痛な時間になり、勉強が引き金となって、勉強以外の自信も失うことにつながります。

苦手なことを克服しようと頑張る人もいますが、どうやっても苦手なままで自信を失い続けると、意欲の低下、うつ病、ひきこもり、不登校など、2次的な障害につながることも…。

お子さんに必要なことは、得意なことを伸ばしてあげることです。それこそ、私たちふぁいとが最も得意としている勉強法なんです。お子さんの特性を理解し能力を伸ばせる環境として、ふぁいとの勉強法を実感してみませんか?

今なら無料の体験授業で、発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばす「効果3倍の勉強法」を教えています。お子さんの伸び悩んでいる原因を見つけ、得意を伸ばすピッタリな勉強法、必ず教えます!


体験授業お申し込み

■2つの方法  ( 電話・メールフォーム )  からお申し込みできます。

電話で

お仕事が忙しい方や、「まずは色々相談して決めたい!」そんな方はお電話が便利です!
お母さんが「今一番知りたいこと」にどこよりもわかりやすくお答えします!まずは一番にお電話ください。

今スグ

担当の富山(とみやま)倉橋(くらはし)まで「無料の体験授業を受けたい」
と伝えていただくだけ!
今なら!30分無料の電話相談が受けられます!

営業時間
▼ボタンを押すと電話できます
電話