発達障害別の教え方

発達障害の特徴や症状はさまざま。今の学習環境は、本当にお子さんに合っていますか?

家庭教師のふぁいとでは、学習障害(LD)、アスペルガー(AS)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の発達障害のお子さんの勉強の悩みを解決するために、お子さんの特性を把握し、一人ひとりにあった勉強法を教えています。

発達障害の特徴や症状はさまざまです。環境次第でお子さんの能力の伸び方がまったく変わってきます。お子さんの特性を理解した上でのサポートがあれば、お子さんは安心して勉強をがんばることができます。

ふぁいとでは、これまでも発達障害のお子さんの勉強のサポートを行なってきましたが、より適切なサポートができるように、発達障害コミュニケーション指導者の資格を取得したり、定期的に勉強会などを開くなど、発達障害の学習サポートに力を入れています。

”認定資格”を持った専任スタッフを中心に、幅広く細やかにサポート
日本医療福祉教育コミュニケーション協会
【発達障害コミュニケーション指導者】に認定!
発達障害の特性は個性です。お子さんの個性を十分に活かすことができれば、お子さんの能力は飛躍的に伸びていきます。自信を引き出しお子さんが底力を発揮できるように、お子さんはもちろん、担当する家庭教師のサポートも全力で行います。どんな相談でもOK。まずはお気軽にご連絡ください。

「学校でのサポートが不十分」
「学校の授業からどんどん遅れていく」
「なんとかしてあげたいけど、どうしていいかわからない」

とお悩みであれば、ぜひ家庭教師のふぁいとにお任せください。
私たちが、お子さんの得意を引き出し、成績をぐーんと伸ばしてみせます!

発達障害の子は勉強嫌いになりがち。でも、そんな子でも自信を取り戻すのはカンタンです!

発達障害のお子さんは、勉強が嫌いになりがちです。

周囲の人から指摘を受けたり怒られたりすることが多いため、怒られ続けると「何をやってもだめ」「ダメな人間なんだ…」と自分に自信が持てなくなってしまいます。さらに中学生にもなれば、教科書に出てくる言葉や表現が難しくなるなど、学校の授業と理解に差ができてきます。授業についていけ なくなったり、テストでどんどん点数が下がったりと、自信をさらに失ってしまうことに…。

そうなる前に、まずは、自分のペースで勉強できる環境が必要です。“得意”が増えてくれば勉強も好きになれます。勉強を楽しく感じることができれば、お子さんの自信を取り戻すことはカンタンです。

発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばすために 

まず、その子の特性をしっかり理解する

発達障害には、学習障害(LD)、アスペルガー(AS)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)に分かれ、それぞれに特性・特徴があります。その特性を理解していなければ、いくら努力しても結果が出ず、お子さんの自信をさらに失わせてしまうことにつながりかねません。だからこそ、まず何よりもお子さんの特性を理解することが重要です。

  • ■  学習障害(LD)の特性とは?
    知的な発達に目立った遅れはないのですが「読む」「書く」「話す」「計算する」などが困難な症状を学習障害といいます。「他のことは人並み以上にできるのに特定のことだけがどうしてもできない」といったこともあり、苦手分野について、周囲から努力不足だと勘違いされてしまうことで悩んでいるお子さんは少なくありません。こうした学習障害のお子さんの特性とその具体的な指導を詳しくご紹介します。

  • ■  アスペルガー症候群(AS)の特性とは?
    アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害と呼ばれる発達障害の1つです。「コミュニケーションの障害」「興味や行動の偏り」「相互的な対人関係の障害」の3つの特性を持っています。言語障害や知的障害がないために障害があるようには思われず、周囲の理解やサポートがもらえにくいという面があります。こうしたアスペルガーのお子さんの特性とその具体的な指導を詳しくご紹介します。

  • ■  注意欠陥・多動性障害(ADHD)の特性とは?
    注意欠陥・多動性障害は、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)といった3つの特性に分かれます。知的な遅れはないのですが、自身で感情や行動のコントロールするのが難しいという特性があります。こうした注意欠陥・多動性障害(ADHD)のお子さんの特性と具体的な指導を詳しくご紹介します。

「できた!」「わかった!」の積み重ねで”自信”を取り戻す

お子さんに必要なものは自分に対しての“自信”です。「何をやってもダメ…」と自信を失っているお子さんが『勉強』に対して自信を取り戻すことで、やる気を出したり苦手だった科目に積極的になったりと、他のいい面も増えてくることを私たちは実感しています。

勉強の自信を取り戻すためのポイントは、できてない部分に注目するのではなく、できた部分に目を向け、ちょっとした成長でも見逃さず「この前より〇〇が良くなったね!」と言葉をかけることです。「できた!」「わかった!」の成功体験の積み重ねで、お子さんが自信を持てるようになってきます!

わかるところまで戻って教える

勉強ができないお子さんにありがちなのが『ただやみくもに勉強を始めてしまうこと』です。わからないことにいくら時間をかけても結果は出ません。勉強にはつながりがあるので、どこまで理解できていて、どこからわからなくなっているかを知ることが大事です。

そして、わからないところが把握できたら、戻り勉強をします。ただ、教科書の全部を戻るのは大変なので、各単元のポイントに絞って問題を出し、短い時間で効率良くできる勉強法で、現状の勉強に追いつけるようにします。わからない問題ばかりやっていても、テンションが下がってしまうので、得意な分野を間に挟むなどやる気が途切れないような工夫もしていきます。

短時間の学習を繰り返す

発達障害のお子さんの学習において、時間的なポイントがあります。それは、短時間学習を繰り返すことです。長時間勉強を行なっても逆効果。むりやり勉強をやらせても頭に全然内容が入らないからです。

そこでふぁいとでは、どんなお子さんでも集中力の続く15分でできる『予習復習のやり方』を教えています。単元ごとの重要なポイントをおさえているので、たった15分でも、学校の授業の理解度を深めることが十分可能なんです。このふぁいと独自の予習復習法は、これまでの半分以下の勉強時間で効果を3倍にすることができます。

お子さんがやる気になる言葉がけ

やる気や自信を失ってしまっているお子さんに、勉強を教える上で欠かせないのが「言葉がけ」です。ふぁいとでは、家庭教師業界で初の試みとなる“児童心理学に基づいた言葉がけ”を実際の指導に取り入れ、家庭教師一人ひとりがお子さんのやる気を引き出す言葉がけを行っています。

「できなかった問題が解けるようになった」「途中式を書かなかったのが書いてくれるようになった」「集中できる時間が長くなった」など、良くなった部分に目を向けて「前回よりも〇〇が良くなったよ!」と思いっきり褒めるようにしています。また、結果だけに注目するのではなく、経過に対してもねぎらいの言葉を伝えます。

そのような繰り返しで、お子さんは「自分にもできる!」「自分にもいいところがたくさんある!」と自信を持って勉強に取り組めるようになったり、他の部分にも積極的になったりして、お子さんのいい部分がどんどん引き出されていくんです。

得意を伸ばしてあげる。それが、ふぁいとが最も得意としている勉強法、なんです

お子さんの1日の大半は、学校での授業に費やされます。中学生であれば、3年間に換算すると約2,000時間にも及びます。勉強が嫌い・苦手の状態のままだと、1日の大半が苦痛な時間になり、勉強が引き金となって、勉強以外の自信も失うことにつながります。
苦手なことを克服しようと頑張る人もいますが、どうやっても苦手なままで自信を失い続けると、意欲の低下、うつ病、ひきこもり、不登校など、2次的な障害につながることも…。

今お子さんに必要なことは、得意を伸ばしてあげること。まさにこれこそ、私たちふぁいとが最も得意としている勉強法なんです。

お子さんの特性を理解し能力を伸ばせる環境として、ふぁいとの勉強法を実感してみませんか? 今なら無料の体験授業で、発達障害のお子さんの成績をぐーんと伸ばす「効果3倍の勉強法」を教えています。

私たちの14年の実績とメンツにかけて、今勉強でつまずいているお子さんに必ず突破口を見つけてやる気を引き出してみせます

※体験授業の1番の目的は、お子さんに合う“やり方”をつかんでもらうことです。 入会への無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。体験授業でお会いできることを楽しみにしています。

体験授業お申し込み

■2つの方法  ( 電話・メールフォーム )  からお申し込みできます。

電話で

お仕事が忙しい方や、「まずは色々相談して決めたい!」そんな方はお電話が便利です!
お母さんが「今一番知りたいこと」にどこよりもわかりやすくお答えします!まずは一番にお電話ください。

今スグ
担当の富山(とみやま)倉橋(くらはし)まで「無料の体験授業を受けたい」
と伝えていただくだけ!
今なら!30分無料の電話相談が受けられます!

営業時間
▼ボタンを押すと電話できます 電話