家庭教師のふぁいと
目次を開く

見出し:この4月に知っておかないと危険!?『中2の落とし穴』を攻略して、点数UPの流れを作る!「半年以上、塾に行っても成果が出ない・・・」そんな子でも短期間でカンタンに点数UPできる2つのやり方とは?やり方つかんで40点UP!

イラスト:男性スタッフ

いよいよ新学年がスタートしましたね。

中学生活も2年目になり、この1年間でお子さんも心身ともに大きく成長していることと思いますが、勉強面についてはどうでしょうか?

1年の頃とは違い、そろそろ高校受験や将来のことも、少しずつ考えていきたい時期ですよね。

イラスト:男性スタッフ

しかし!!そんな願いに反して、

「去年から塾に行ってるのに、成果が出ない」
「英語と数学が壊滅的…」
「部活が忙しくて、勉強する時間がない」

といった状態なら、このまま放っておくのは危険です!

なぜなら「もう少し様子を見よう…」で済んでいた今までの余裕が通用しなくなる、ある『落とし穴』が待ち受けているからです。

成績が落ちる子が急増する、中2からの『落とし穴』とは!?

テキスト:「入試にでる重要単元」、「中1の応用問題」

落とし穴その①

高校入試によく出る重要単元が増え、勉強内容が難しくなる。(例:数学では連立方程式、英語では動名詞など)

ペースも速くなるため、授業についていけない子が急増!

特に英語や数学といった積み上げ科目では、中1の基礎を応用した問題が増えるため、塾でわからないことをそのままにしていた子や、中1で「弱点と苦手」が残っている子は要注意です。

イラスト:部活で疲れて勉強が進まない息子に悩んでいるお母さん

落とし穴その②

部活動が今まで以上に忙しくなる。後輩ができ、リーダーシップを発揮する場が増えて、これから本格的に忙しくなります。

そのため部活中心の生活になり、家庭学習が後回しになってしまう子が増えるんです。

こうした変化につまずく子が多いので、中2は中学で最も成績が落ちやすい時期とも言われているんです。
(「受験までまだ1年ある」という心の余裕もこの要因になっているようです)

特に特に「まだ4月だし、もう少し様子を見て…」「今すぐなんとかしなくても」と油断していた子が、5月のテストからガクッと下がってしまう…というケースも少なくありません。

落とし穴にハマる前に、この事実を知った方はラッキーです!

なぜなら2年生全体が下がりやすい時期だからこそ、裏を返せば、ほんの少し“やり方”を変えるだけで、他の子に差をつけて大逆転できる!からです。

しかも、まだ新年度の授業が始まったばかりで、
それほど難易度も高くない、
この4月こそが、“やり方”を変える絶好のチャンス!!

ふぁいとなら!!
授業の難易度が上がる、部活等が忙しくなる…こうした状況を見据えて

忙しい子でも1日たった15分で今までの3倍の効果を出せるやり方
中1の「弱点や苦手」をカンタンに取り戻せるやり方

…この2つのやり方を教えています!

実際に「部活が忙しくて勉強が手につかない…」「半年、塾に行っても成果が出ない」そんな子が短期間で本当に大きな結果を出しています。

論より証拠!まずは生の声をお聞きください。
5教科合計127点UP!(ゆうくん 中1) 苦手な数学30点UP!(しょうくん 中1)

このように、今のうちにこの『2つのやり方』を身につけておくことで、中2の『落とし穴』にはハマることなく、成績を上げることが出来ます!

塾にいっても成果が出ない子がカンタンに点数UPできる、ふぁいと独自の『2つのやり方』って?

テストで点数を上げたり、成績を上げたりするのに、最も効果的でカンタンな勉強法ってご存じですか?

ズバリ「予習・復習」です。

定期テストは学校の授業で習った内容からしか出題されません。つまり、授業さえしっかり理解できていれば、定期テストで高得点が狙えます。この学校の授業を理解するのに最も効果的なのが予習復習、なんです。

イラスト:授業についていけない男の子中学の授業は家で予習復習をしているのを前提に進められます。

つまり、予習復習の習慣がない子は、どんどん授業から遅れていき、定期テストの点数もどんどん下がってしまうのです。

ただでさえ授業がどんどん難しくなる時期。家で勉強する習慣が持てずにいると、「このままで大丈夫かしら…」「授業についていけるか心配…」というお母さんの不安は的中してしまうかもしれません。

いかに早く予習復習を習慣づけるかで、今後の成績が大きく変わってきます。

でも…今までずっとやってこなかったのに、どうやったら習慣がつけられるの?

そんなときこそ、私たちの独自の勉強法【効果3倍の勉強法】がお役に立てます!

ふぁいとの【効果3倍勉強法】は、1日たった15分で予習復習ができるので、今まで家で勉強をしてこなかった子でも、無理なく習慣づけられます!

特に集中力のない子や部活で忙しい子ほど「これなら毎日続けられる!」と喜ばれています。予習復習すれば、授業がわかるようになります。授業をしっかり理解すれば、1人で問題がスラスラ解けるようになります。そうなれば「勉強が楽しい!」と自然と思えるようになるのです。

中1からの弱点や苦手も短期間でカンタンに取り戻せます!

実は点数アップのために、重要な事がもう1つあるんです。

ちんぷんかんぷん

それは『弱点と苦手を克服』すること!

勉強すること=学習する内容には、
必ず『つながり』があります。九九のできない子が割り算を解くことはできないのと同じで、わからないことをそのままにしておくと、その先で習うことも当然わからなくなります。

特に「数学」と「英語」は、学習内容の『つながり』が強く、弱点と苦手な気持ちを持ちやすい教科なんです。

「なんだかわからない」という弱点や苦手だと思う気持ちは、これからの点数や成績、さらには将来にとても大きく響いてきます。

もし、今の段階でお子さんが『弱点と苦手』があるなら、今すぐ解決することが重要なんです。

でも…
学校の勉強や部活と両立しながら、弱点や苦手を克服するのは、非常に大変なことですよね。

そんな時こそお役に立てるのが、ふぁいと独自の『効果3倍の勉強法』です。

ふぁいとでは、普段の予習復習や、家庭教師の指導の日に、お子さんにとって難しかった問題や解けなかった問題などの『弱点や苦手』にはマークをつけてチェックしておきます。

イラスト:ひとりで問題ができるようになって、やる気がアップした女の子

こうすることで、後から見返した時にすぐにお子さんの『弱点と苦手』を見つけることができます。

そして、お子さん一人の力で解けるようになるまで繰り返し勉強することで、確実に『弱点と苦手を克服』していきます。

いままでの『弱点と苦手』が克服できれば、そのことはお子さんにとって大きな自信となります!「やればできる」という前向きな気持ちが今後の成績や将来にとてもいい影響となってあらわれるのです。

この4月の行動が、今後のお子さんの成績を決めます!

「もう少し様子を見よう…」と相談のタイミングが遅れてしまったために、後悔する方がたくさんいらっしゃいます。

今!!やり方を身につけるか、先延ばしにしてしまうかで、中2の成績の明暗だけでなく、この先、勉強に取り組む「気持ち」までもが大きく変わってきてしまいます。

しかも5月に入ると、お子さんが学校生活に慣れてくることや、ゴールデンウィークを挟むことから、気持ちが緩みやすく、勉強に意識が向きにくくなることも多いんです。

そうなる前に!!ぜひ私たちにキッカケ作りのお手伝いをさせてください。

今なら!
勉強が苦手な子ほど次のテストで結果が出せる
【効果3倍の勉強法】
を教える無料の体験授業のなかで、

今、中2のご家庭からもっともご相談を受けている
「塾に通ってるけど、全く成果がでない」
「英語と数学のニガテを今すぐなんとかしたい」

こんなお悩みも一緒に解決してみせます!!
ぜひこの機会に受けてみませんか?

4/25(水)までの期間限定のキャンペーンですのでお急ぎください!

今すぐ申し込みたい方はコチラ
体験授業を詳しく知りたい方はコチラ

私たちの15年の実績とメンツにかけて、今勉強でつまずいているお子さんに必ず突破口を見つけてやる気を引き出してみせます

全力でお手伝いします

※体験授業の1番の目的は、お子さんに合う“やり方”をつかんでもらうことです。
入会への無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
体験授業でお会いできることを楽しみにしています。

文字だけではどうしても伝えきれない魅力を【無料の体験授業】でぜひ実感してください。“やり方”必ず教えます!
ページのトップへ