メニューを開く

見出し:期末テストがボロボロ…そんな方に緊急案内!!”夏休み”から…では遅い!!今しかできない弱点克服で2学期から大逆転!!

「中1から塾に通っているのに、期末テストで点数が下がった…」
学校の授業にもついていけない…。どうしたらいいの?」
「期末テストが悪くて、前よりやる気がなくなった…

こんな悩みを抱えているのは、お母さんだけではありません。

毎年、期末テストが終わったこの時期になると、
「テストの点数が下がりっぱなし」
「塾に通わせても成績が上がらない」
など、お子さんの将来に不安になった方からのご相談がたくさん寄せられます。

もし、お子さんが「期末テストの点数が悪かった」「中1からつまずいている」のであれば、このまま塾に通い続けても、成績は上がりません。

いきなり厳しいことを言ってしまいましたが、「なぜ、塾に通っているの成績が上がらないのか」。まずは、その”理由”を知ることが、成績UPの一番の近道となります。
私たちが必ず突破口を見つけますので、ぜひ最後までお読みください。

過去の“わからない”をそのままにしていると大変!

お子さんの成績が上がらない理由にグッと近づくために、まず知っていただきたいことがあります。

それは・・・

勉強には、【基礎→応用→発展】と、必ず“つながり”があるということです。数学を例に挙げてみましょう。

中2で習う「1次関数」は中1で習った「比例・反比例」とつながっています。さらに、この「比例・反比例」は小学校で習う「比・比例」とつながっています。
つまり、小学校で「比・比例」をしっかり理解できていないと、中1の「比例・反比例」でつまずいてしまい、中2で「1次関数」を習ってもできない、ということになります。(下の図・学習系統図を見ればわかりやすいと思います。)

図:学習系統図

これまでの定期テストで間違えたところは、習った内容が十分に理解できていないところ。
テストが返ってくる度にしっかり見直しをしなければ、“わからない”ことがどんどん積み重なってしまうのです。
実は、この点が今お子さんがつまずいている理由なんです。

お子さんが塾に通っても成績が上がらない“理由”とは?

ズバリ、塾ではお子さん一人ひとりの“過去のわからない”までは対応できないからです。

なぜなら塾では、今学校で習っている内容を中心に授業が行われます。
テスト対策も中2で習った問題の解き方は教えてくれます。目先のテストでは少しは問題が解けるかもしれません。しかし、この勉強法では、出題範囲の広いテストや、そしてなにより高校受験では通用しません。

テストで良い点を取るには、弱点になっている“過去のわからない”をなくしていくことが何よりも大切なのです。

そんな時こそ、私たち家庭教師のふぁいとが、最もお役に立てます!

“過去のわからない”をなくす最大のチャンスは期末テスト直後の今!

実は中2のはじめは中1の復習から入ることが多く、特に1学期の期末テストには、中1の要点がギュッと詰まっています。つまり、期末テストで、できなかったところは、お子さんが中1の頃から“つまずいている”ところなのです。

このつまずいた状態で夏休みに入ってしまうと、「勉強したくない」との思いから、ついつい部活や遊びに夢中になってしまい、2学期まで”つまずき”を持ち越してしまうことが多いんです。

だからこそ期末テスト直後の”今”弱点をしっかり克服することで、2学期から良いスタートを切ることができるのです。

「でも…、期末テストが悪くてやる気も無くなってるし、そんなに簡単に変われるの?」

イラスト:お母さん

と思われるかもしれませんが、ご安心ください!

イラスト:スタッフ

ふぁいとでは、これまでも「テストの点が悪くて、やる気が無い」「塾に通ってもテストの点数が上がらない」「部活が忙しくて勉強できない」「中1の基礎もボロボロ」という多くのお子さんを、短期間で点数アップや志望校合格に導いてきました。その経験とノウハウでは、塾に負けない自信があります。

なぜふぁいとに切り替えた子が短期間で大幅に点数アップできたのか?…そのヒケツは、“2つのやり方”にあります!!

【やり方その①】
中1からの“弱点”を克服するやり方

ふぁいとでは、先程説明しました「学習系統図」を使いながら、お子さんの弱点の“根っこ”を見つけて、わかるまで丁寧に教えます。中1の学習内容に戻ることはもちろん、必要であれば小学校まで戻ることもあります。
こんな風に、ピンポイントで”わからない”を見つけるので、短期間で効率よく弱点克服ができるんです!!

家庭教師ならではの、こんな指導も喜ばれています

過去のテストで要点ピックアップ
過去のテストの見直しをすることは、点数アップの近道です。特に中2の期末テストは見直しに最適です!テストでできなかった所から過去のつまずきを予測し、効率よく弱点克服できます。こうして“前の範囲にさかのぼって指導”できるのは、塾にはできない家庭教師の強みの1つです。

クイズ形式で楽しくニガテ克服!
ニガテで気が進まない教科だからこそ、楽しく克服するのが1番!よく多くのご家庭で行われているのが、先生と“クイズ形式で覚える”やり方です。ニガテな問題も、ゲーム感覚で楽しく覚えられます。こうした家庭教師ならではの指導の工夫が、多くのご家庭に喜ばれています。

【やり方その②】
部活が忙しくてもできる家庭学習のやり方

これからの夏、部活が本格的になる中学2年生は、今まで以上に家庭学習に時間が取れなくなります。
そんな子にとって、重要なのは、“短時間”で“効率よくできる”やり方を身につけることです。

そこでふぁいとでは、
部活で忙しい子でも無理なく続けられる”ふぁいと独自”の 【1日15分の予習復習法】を教えています。

グラフ:ふぁいと式ラクラク定着法

1日15分でできる秘訣は、教科書の内容をしっかりと定着させるための5つのステップ。このステップを踏むことで、 短時間で効率のいい家庭学習が自然と身につき、テストで力を発揮できるようになります。

お子さんより少し年上の先輩である 家庭教師の存在は、高校、大学…とお子さんが自分の将来に目を向けるキッカケにもなれます。実際に、家庭教師の高校・大学生活や受験の体験談に触れることで、「高校なんて行きたくない、と言っていた娘が自分から志望校の話をするようになった」など、喜びの声がたくさん届いています。

★しかも!!この時期は「合格はムリ…」という子を第一志望校合格に導いたスゴ腕先生に出会える1番のチャンス!

今、この時期が勝負の分かれ目です!

大事なことなのでもう一度言います!
期末テストが終わった今!!弱点を克服するか、先延ばしにしてしまうかで、中2の成績の明暗だけでなく、この先の勉強に取り組む“気持ち”までもが大きく変わってきてしまいます。

期末テストで見つかった弱点をそのままにしておくと、夏休みを前にして、お子さんの気持ちが勉強に向かなくなることも多いのです。

なら!
勉強が苦手な子ほど次のテストで結果が出せる
【効果3倍の勉強法】を教える無料の体験授業のなかで、

今、中2のご家庭から最もご相談を受けている
「塾に通ってるけど、期末テストが散々だった」
「学校の授業についていけない」
「テストの点が悪くて、やる気がなくなった」

こんなお悩みも一緒に解決してみせます!!ぜひこの機会に無料の体験授業を受けてみませんか?

7/20(金)までの期間限定のキャンペーン
ですのでお急ぎください!

今すぐ申し込みたい方はコチラ
体験授業を詳しく知りたい方はコチラ
全力でお手伝いします

私たちの15年の実績とメンツにかけて、今勉強でつまずいているお子さんに必ず突破口を見つけてやる気を引き出してみせます。

※体験授業の1番の目的は、お子さんに合う“やり方”をつかんでもらうことです。
入会への無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
体験授業でお会いできることを楽しみにしています。


ページのトップへ