メニューを開く

見出し:夏休みは、ニガテを失くして遅れを取り戻すチャンス!!2学期から大幅の点数UPするための夏休みの勉強のやり方って?

1学期の成績はどうでしたか?

夏休みに入り、ほとんどのお子さんは部活や遊び、いろんなイベントで毎日忙しいと思いますが、お子さんの様子はいかがですか?
一方、家でゲームとテレビばかり…という声も耳にします。

1学期を振り返ってみて、
「半年以上も塾に通っているのに、成績が下がりっぱなし…」
勉強のやり方がわかってなくて、学校の授業についていけない…」
ニガテ科目のテストの点数がドンドン下がってる…」
もし、ひとつでも当てはまっていたら、2学期はもっと大変になってしまいます。

イラスト:焦りと不安を感じるお母さん

さらに来年は受験が待ちかまえています。
この夏休みに勉強のやり方を変えないと、ギリギリになって慌てることになってしまいます。

つまり、中2の夏休みにニガテを克服して遅れを取り戻さないと、高校受験まで、ずっと引きずってしまうことになるのです。

「でも、受験までは時間があるし…」

そう思われたお母さん、2年の2学期からは内容もますます難しくなるため、授業にもついていけない子が増えてきます。

夏休みはそんなお子さんのための時間がたっぷりあります。
たとえば4連休といえばその間にいろいろなことができますよね。

夏休みはその何倍もあるのです。その休みをどう過ごすか?
それによって、来年の今頃、志望校に向けてしっかりと対策できているか、志望校も決まらず慌てているか…その差が大きくでるのです。

その違いはどこにあるのでしょうか?

長いけれど、終わってみればあっという間の夏休み。
その過ごし方を失敗しないために、お母さんに知っていただきたいお話がありますので、ぜひ最後までお読みください。

過去の『わからない』をそのままにしていると、受験勉強でつまずく!

勉強には、【基礎→応用→発展】と、必ず“つながり”があります。数学を例に挙げてみましょう。

中2で習う「1次関数」は中1で習った「比例・反比例」とつながっています。さらに、この「比例・反比例」は小学校で習う「比・比例」とつながっています。

つまり、小学校で「比・比例」をしっかり理解できていないと、中1の「比例・反比例」でつまずいてしまい、中2で「1次関数」を習ってもできない、ということになります。(下の図・学習系統図を見ればわかりやすいと思います。)

図:学習系統図。ココでつまずいていると先の内容も理解できません!

これまでの定期テストで間違えたところは、習った内容が十分に理解できていないところ。
テストが返ってくる度にしっかり見直しをしなければ、“わからない”ことがどんどん積み重なってしまいます。

そうなれば、中3の勉強が理解できるわけもなく、今わからないところは受験問題として出題された時、解答できるワケがないのです。

『過去のわからない』をなくす唯一のチャンスは、この夏休み!

2学期は1学期以上に授業の内容も難しくなり、進むペースもグンと速くなります。つまり1学期の時点でニガテやつまずきがある子は、どんどん授業についていけなくなってしまうのです。

夏休み明けにガクッと成績が下がる子が一気に増えるのはこのためです。実はそのほとんどが”勉強のニガテと遅れを引きずったまま夏休みに何もしなかった子”です。

2学期に成績がガタ落ち、やる気も自信もなくして無気力状態・・・そうなってからでは遅すぎます!!

だからこそ夏休みの”今”ニガテを失くして遅れを取り戻すことは、2学期に良いスタートを切り、さらに受験に向けて選択肢を広げることにもなります。

「でも…、期末テストが悪くてやる気も無くなってるし、そんなに簡単に変われるの?」

イラスト:お母さん

はい、そんなお子さんにほど、知ってほしいことがあります。

イラスト:スタッフ

ふぁいとでは、これまでも「遊びに夢中で、勉強する気がない」「塾に通ってもテストの点数が上がらない」「部活が忙しくて勉強できない」「中1の基礎からボロボロ」という多くのお子さんを、短期間で点数アップや志望校合格に導いてきました。その経験とノウハウでは、塾に負けない自信があります。

なぜふぁいとに切り替えた子が短期間で大幅に点数アップできたのか?・・・そのヒケツは、“2つのやり方”にあります!!

【やり方その①】
中1からの“弱点”を克服するやり方

ふぁいとでは、先程説明しました「学習系統図」を使いながら、お子さんのニガテの“根っこ”を見つけて、わかるまで丁寧に教えます。中1の学習内容に戻ることはもちろん、必要であれば小学校まで戻ることもあります。

こんな風に、ピンポイントでお子さんの”わからない”を見つけるので、短期間で効率よくニガテ克服ができるんです!!

家庭教師ならではの、こんな指導も喜ばれています

写真:過去のテスト。点数UPのヒントがいっぱい!!

過去のテストで要点ピックアップ
過去のテストの見直しをすることは、点数アップの近道です。特に中2の1学期の期末テストは見直しに最適です!テストでできなかった所から過去のつまずきを予測し、効率よくニガテ克服できます。こうして”前の範囲にさかのぼって指導”できるのは、塾にはできない家庭教師の強みの1つです。

写真:過去のテスト。点数UPのヒントがいっぱい!!
写真:生徒と先生。はるちゃんの好きなテニスで例えると…

クイズ形式で楽しくニガテ克服!
ニガテで気が進まない教科だからこそ、楽しく克服するのが1番!よく多くのご家庭で行われているのが、先生と“クイズ形式で覚える”やり方です。ニガテな問題も、ゲーム感覚で楽しく覚えられます。こうした家庭教師ならではの指導の工夫が、多くのご家庭に喜ばれています。

写真:生徒と先生。はるちゃんの好きなテニスで例えると…

【やり方その②】
部活が忙しくてもできる家庭学習のやり方

先輩が部活を引退し、部活の中心的な立場になってくる夏休みは、今まで以上に部活に忙しく、家庭学習の時間が取れなくなります。
そんな子にとって、重要なのは、“短時間”で“効率よくできる”やり方を身につけることです。

そこでふぁいとでは、部活で忙しい子でも無理なく続けられる”ふぁいと独自”の 【1日15分の家庭学習法】を教えています。

1日15分でできる秘訣は、教科書の内容をしっかりと定着させるための5つのステップ。このステップを踏むことで、 短時間で効率のいい家庭学習が自然と身につき、テストで力を発揮できるようになります。

グラフ:ふぁいと式ラクラク定着法

お子さんより少し年上の先輩である 家庭教師の存在は、高校、大学…とお子さんが自分の将来に目を向けるキッカケにもなれます。実際に、家庭教師の高校・大学生活や受験の体験談に触れることで、「高校なんて行きたくない、と言っていた娘が自分から志望校の話をするようになった」など、喜びの声がたくさん届いています。

夏休みになにをするかで、行ける高校が変わります!

大事なことなのでもう一度言います!
夏休みの今!! ニガテを失くして遅れを取り戻すか、何もしないままかによって、2学期の成績だけでなく、この先の勉強に取り組む“気持ち”までもが大きく変わってきてしまいます。

そうなれば、これから選ぶ高校も自然と決まってきてしまいます。
挽回するなら、今この夏休みしかありません!!

でも、この休みになにをどうすればいいのかわからない…
そんなお子さん!ふぁいとの無料の体験授業を試してみませんか?

なら! 勉強が苦手な子ほど次のテストで結果が出せる
【効果3倍の勉強法】を教える無料の体験授業のなかで、

夏休み中の
「ニガテ克服のために今の時期に何をすればいいのか」
「夏休みが終わるまでの効率的な計画の立て方」
もアドバイスさせていただきます。

ぜひこの機会に無料の体験授業を受けてみませんか?

8/20(月)までの期間限定のキャンペーン
ですのでお急ぎください!

今すぐ申し込みたい方はコチラ
体験授業を詳しく知りたい方はコチラ
全力でお手伝いします

私たちの15年の実績とメンツにかけて、今勉強でつまずいているお子さんに必ず突破口を見つけてやる気を引き出してみせます。

※体験授業の1番の目的は、お子さんに合う“やり方”をつかんでもらうことです。
入会への無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
体験授業でお会いできることを楽しみにしています。

ページのトップへ